2011年5月アーカイブ

キャセイパシフィック航空は「新しいビジネスクラス」を導入し、利用者のプライバシーの確保と、開放感の両方を味わえる、贅沢な座席を設計しました。

新しいビジネスクラスのシートは、前後に28センチも移動することができますので、同行者と話したいときや、プライベートな用事をこなしたいときなど、様々な状況に合わせて、座席を好きな位置に移動できて、大変便利となりました。

新しいフルフラットベッドは、全長が208cmもありますので、眠るときには足をゆったりと伸ばして、くつろぐことができます。

オンデマンドで音楽や映像などを楽しめるモニターも設置されていますので、旅の間、退屈することがありません。

新しいビジネスクラスだけではなく、他のクラスも含めて、ラップトップパソコン用の電源を使用できる仕組もありますので、事前にユニバーサル・エアーパワー・アダプターを用意しておくと、機上でも仕事を進められます。

ビジネスクラス・新しいビジネスクラスを選んで搭乗すれば、プライバシーが確保されますので、機密の保持などにも役立ちますね。

快適に過ごせる新しいビジネスクラスの座席ですが、同じ姿勢で長時間過ごしていると、隊長を崩したり、ストレスが貯まったりすることは、ある程度、仕方ありません。

機内でもできる軽い体操を行い、心身が疲れないように、心がけましょう。

キャセイパシフィック航空のエコノミークラスでは、機内食は2種類のメイン料理が選べること、ドリンクはワイン、ビール、ソフトドリンク、中国茶、日本路線では日本茶が用意されていることなど、日本人にとって「ほっとする」サービスとなっています。

ビジネスクラスになると、食事はレストランスタイルで1品ずつサーブされ、メイン料理は和食を含めた3種類から選ぶことができます。

ドリンクの充実ぶりも評価が高く、一般的な航空会社が用意している各種のソフトドリンクのほかに、エスプレッソ、カプチーノ、紅茶、ハーブティー、中国茶、日本路線では日本茶の用意もあります。

アルコール類、特にワインは充実していますので、この機会に「機上でワイン」を経験してみるのも、良いかもしれませんね。

地上より、酔いが回りやすいと言われていますので、ほどほどに楽しむのが良いでしょう。

長距離路線のファーストクラスの料理は、オーダーを受けてから調理を始めるため、最も美味しい状態で味わうことができます。

また、炊飯器、トースター、スチーム・オーブン、コーヒーメーカーなどが揃っています。

好きな時間にアラカルトメニューを注文できるのですが、食事のリズム・質に気を配ることで、旅先での時差ぼけを軽くすることができますので、少し注意するといいですね。

キャセイパシフィック航空は、香港を拠点とするイギリス系の航空会社です。

イギリス系の財閥「スワイヤー・グループ」がキャセイパシフィック航空の株式の40パーセントを保有していることから、スワイヤー・グループの航空会社と考えて、差し支えないでしょう。

香港国際空港の周辺に機材整備施設、航空会社の本社機能、訓練施設などが広がっており、「キャセイシティ」と呼ばれる地域をつくっています。

主に香港国際空港から、世界の主要85都市の空港へと就航していますし、アジア、オセアニアの路線は特に充実しています。

日本人の、キャセイパシフィックの利用者は多いです。

これは、客室乗務員の在籍人数が多く、日本に就航している外資系空港会社の中ではトップであることから、日本人が言葉の心配をすることなく、利用できるからでしょう。

また、客室乗務員のサービスを含め、同社のサービス内容は高く評価されており、スカイトラックス社による「エアライン・オブ・ザ・イヤー賞」を獲得したという実績もあります。

エコノミークラスへのパーソナルモニターの導入も、早期から実施し、乗客が機内で楽しめるようにと、工夫がされています。

最新鋭機の導入にも積極的であり、安全性の高いフライトを続けています。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。