マイレージを貯めるには色々なマイレージキャンペーンを利用するのが得策です。

たとえば、JALマイレージの場合、クレジットカードの入会キャンペーンを行っていたりします。

また、JALカードを持っていれば、マイルがボーナスされたり等の特典もあります。

こういったことがそれぞれの航空会社で行われていたりします。

デルタ航空にはデルタマイレージが貯まりやすいクレジットカード、コンチネンタル航空にもそういったものがあります。

それらのマイルキャンペーンを有効に利用しましょう。

トラベラーズチェックの手数料っていうのは、海外旅行をするときには結構気になりますよね。

両替をいつのタイミングでいくらぐらいするか?っていうのも大切ですし、レートがどれぐらいなのか?なども差がありますし。

銀行でやるのが一般的になるかと思いますが、そうではない人もいるかもしれません。

外貨に強い銀行等もあるので、手数料を比較しながら選ぶといいかと思います。

トラベラーズチェック手数料の徹底比較サイト等を参考に選びましょうね。

キャセイパシフィック航空は「新しいビジネスクラス」を導入し、利用者のプライバシーの確保と、開放感の両方を味わえる、贅沢な座席を設計しました。

新しいビジネスクラスのシートは、前後に28センチも移動することができますので、同行者と話したいときや、プライベートな用事をこなしたいときなど、様々な状況に合わせて、座席を好きな位置に移動できて、大変便利となりました。

新しいフルフラットベッドは、全長が208cmもありますので、眠るときには足をゆったりと伸ばして、くつろぐことができます。

オンデマンドで音楽や映像などを楽しめるモニターも設置されていますので、旅の間、退屈することがありません。

新しいビジネスクラスだけではなく、他のクラスも含めて、ラップトップパソコン用の電源を使用できる仕組もありますので、事前にユニバーサル・エアーパワー・アダプターを用意しておくと、機上でも仕事を進められます。

ビジネスクラス・新しいビジネスクラスを選んで搭乗すれば、プライバシーが確保されますので、機密の保持などにも役立ちますね。

快適に過ごせる新しいビジネスクラスの座席ですが、同じ姿勢で長時間過ごしていると、隊長を崩したり、ストレスが貯まったりすることは、ある程度、仕方ありません。

機内でもできる軽い体操を行い、心身が疲れないように、心がけましょう。

キャセイパシフィック航空のエコノミークラスでは、機内食は2種類のメイン料理が選べること、ドリンクはワイン、ビール、ソフトドリンク、中国茶、日本路線では日本茶が用意されていることなど、日本人にとって「ほっとする」サービスとなっています。

ビジネスクラスになると、食事はレストランスタイルで1品ずつサーブされ、メイン料理は和食を含めた3種類から選ぶことができます。

ドリンクの充実ぶりも評価が高く、一般的な航空会社が用意している各種のソフトドリンクのほかに、エスプレッソ、カプチーノ、紅茶、ハーブティー、中国茶、日本路線では日本茶の用意もあります。

アルコール類、特にワインは充実していますので、この機会に「機上でワイン」を経験してみるのも、良いかもしれませんね。

地上より、酔いが回りやすいと言われていますので、ほどほどに楽しむのが良いでしょう。

長距離路線のファーストクラスの料理は、オーダーを受けてから調理を始めるため、最も美味しい状態で味わうことができます。

また、炊飯器、トースター、スチーム・オーブン、コーヒーメーカーなどが揃っています。

好きな時間にアラカルトメニューを注文できるのですが、食事のリズム・質に気を配ることで、旅先での時差ぼけを軽くすることができますので、少し注意するといいですね。

キャセイパシフィック航空は、香港を拠点とするイギリス系の航空会社です。

イギリス系の財閥「スワイヤー・グループ」がキャセイパシフィック航空の株式の40パーセントを保有していることから、スワイヤー・グループの航空会社と考えて、差し支えないでしょう。

香港国際空港の周辺に機材整備施設、航空会社の本社機能、訓練施設などが広がっており、「キャセイシティ」と呼ばれる地域をつくっています。

主に香港国際空港から、世界の主要85都市の空港へと就航していますし、アジア、オセアニアの路線は特に充実しています。

日本人の、キャセイパシフィックの利用者は多いです。

これは、客室乗務員の在籍人数が多く、日本に就航している外資系空港会社の中ではトップであることから、日本人が言葉の心配をすることなく、利用できるからでしょう。

また、客室乗務員のサービスを含め、同社のサービス内容は高く評価されており、スカイトラックス社による「エアライン・オブ・ザ・イヤー賞」を獲得したという実績もあります。

エコノミークラスへのパーソナルモニターの導入も、早期から実施し、乗客が機内で楽しめるようにと、工夫がされています。

最新鋭機の導入にも積極的であり、安全性の高いフライトを続けています。

 FXを始めるためには、口座開設をする必要があります。FXのための金融機関選びは大切です。次の項目を参考にして、自分に合った金融機関を選びましょう。なかには悪質な金融機関も存在しますので、注意が必要です。

・手数料
 取引のスタイルによって選びましょう。

・証拠金(保証金)
 初回入金額、証拠金設定額、証拠金率などを比較・検討しましょう。

・取引する通貨の種類
 その金融機関で、日本円以外に使用可能な通貨を参考にしましょう。

・各種注文機能の有無
 「IFD機能」「OCO機能」「トレール機能」など、自動売買できる機能があります。

・取引やサービス面での充実
 「価格通知メール」「約定通知メール」などのほか、携帯電話から注文できるサービスもあります。

・入出金サービスの特徴
 ネット銀行での24時間対応、外貨での入出金サービスなどがあります。

・入会特典や独自のキャンペーンの魅力
 キャッシュバック、抽選による商品プレゼント、ポイントの付与などがあります。

スワップ金利に関してもきちんと知っておきましょう。

上場企業、「黒字倒産」相次ぐ 不動産など今年7社

最近のニュースでは確かに多い倒産。

特に不動産関係が多い。

決算で黒字だけれども、金融機関の融資姿勢が厳しくなり、資金繰りが悪化、というのがほぼ大半である。

特に、アーバンコーポレイションは連結純利益が311億円と過去最高だったにも関わらずの倒産。

キャッシュフローが回らなければ黒字が出ていようと倒産を余儀なくされる。

肝に銘じておきたいところである。

自分はFXをやっているけれども、スワップ金利で稼いでいて、結局決済できないようなものだと思う。

結局手元に資金があるかないかが勝負なのだ。

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。