事務手数料
団信保険料
保証料
繰り上げ返済手数料

メガバンクの住宅ローンを比較!



>>三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローンの公式サイトはこちら

住宅ローンをメガバンクから申し込みたい!という方にためにここではメガバンクの住宅ローンを比較していきます。

3大メガバンクといわれるのは三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行です。

金利・審査などを比較

変動金利(借り換え)
三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)・・・0.525%
みずほ銀行・・・・0.525%
三井住友銀行・・・年0.625%~年0.775%

固定3年(借り換え)
三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)・・・0.39%
みずほ銀行・・・・0.55% ~ 1.00%
三井住友銀行・・・年0.90%~年1.05%

固定10年(借り換え)
三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)・・・0.69%
みずほ銀行・・・・0.60% ~ 1.15%
三井住友銀行・・・年1.45%~年1.60%

(*2019年2月1日更新)

三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)が低い金利になっていますね。

事前審査の審査スピードを比較

次に事前審査の審査スピードも見てみましょう。


三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)・・・最短翌日
みずほ銀行・・・・5営業日めど
三井住友銀行・・・一次回答は自動回答

三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)は最短翌日での回答、三井住友銀行は審査アプリによる自動回答が可能になっています。

SnapCrab_NoName_2018-10-31_14-47-23_No-00.png
>>三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローンの公式サイトはこちら

疾病保証を比較

また、疾病保証付きの商品を各社そろえていますので、そちらも比較してみましょう。


三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)・・・3大疾病保証充実タイプは年0.3%を上乗せ
みずほ銀行・・・・8大疾病補償は保険料率が変動
三井住友銀行・・・8大疾病保障は年0.3%を上乗せ

三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)の3大疾病保証充実タイプは7疾病となっており、8大疾病に入っている慢性膵炎が含まれていないので注意しましょう。

なお、三菱UFJ銀行(ネット専用住宅ローン)先進医療や女性特有の病気(卵巣のう腫・子宮筋腫)や妊娠に関する保障もつけることができますのでこれらの保証をつけたい方にはオススメです。(平成29年10月現在、がんの治療法や遺伝子診断、水晶体の再建術などを含む104種類が先進医療となっています)

SnapCrab_NoName_2018-10-31_14-44-59_No-00.png
>>三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローンの公式サイトはこちら

メガバンクにこだわらないという方にはネット銀行もオススメ

なお、メガバンクにこだわらない・・・という方にはネット銀行が金利も低く設定しておりお勧めです。特にじぶん銀行住信SBIネット銀行はかなり低く金利を設定しています。

【変動金利】
住信SBIネット銀行・・・0.418%
じぶん銀行・・・0.457%(全期間引き下げプラン)
三菱UFJ銀行・・・0.525%
楽天銀行・・・0.527%

>>業界最低水準の低金利で人気!住信SBIネット銀行住宅ローンの公式サイトはこちら


>>業界最低水準の低金利で人気!じぶん銀行住宅ローンの公式サイトはこちら

ただ、借入金額が大きくなってくる場合、じぶん銀行住信SBIネット銀行手数料が借入の2.20%という点がネックになってしまいます。その際におススメしたいのが楽天銀行です。

楽天銀行は、金利を低めに抑えながら、手数料も330000円で一定になっていますので、手数料の費用が膨らむのを抑えることができます。

また、保証部分を見てみても、メガバンクの住宅ローン7(もしくは8)大疾病保障をつけることができますが、金利に0.3%上乗せされてしまうことが多いです。

住信SBIネット銀行の場合には、全疾病の保険料を負担してくれます。

また、じぶん銀行の場合には、無料でがん50%保障団信+全疾病保証+入院継続180日以上で残高0円がつけられます。

特に、じぶん銀行のがん50%保障団信は診断されただけで50%が保険会社から返済されるのに対して、住信SBIネット銀行就業不能状態が12カ月以上継続しないと適用されないので注意しましょう。

じぶん銀行の場合には、金利に0.2%上乗せすると100%保障団信を、0.3%上乗せすると11疾病団信がつけられます。

また、楽天銀行は、8疾病より保障内容が充実した全疾病特約が無料でつけることが出来ます。病気の内容にかかわらず保証をつけてくれるという他社にはない特約保障を無料でつけられるのは大変大きなメリットかと思います。

住信SBIネット銀行 住宅ローンWeb仮申込促進用
>>住信SBIネット銀行住宅ローンの公式サイトはこちら


>>楽天銀行の住宅ローン 「金利選択型」の公式サイトはこちら

35年の長期固定金利であるフラット35で比較

また、35年の長期固定金利であるフラット35で比較しても、ネットに強いARUHI楽天銀行と比べてメガバンクは手数料の開きがあります。

みずほ銀行・・・手数料定率型:借り入れ額×1.836%、手数料定額型:33,000円(税込)
楽天銀行・・・融資金額×0.972%

ARUHI・・・融資金額×1.0%

特に、楽天銀行と比べると、融資手数料が最大1.05%異なります。(融資手数料1.05%は3000万円借入の場合、31万円もの差になります)


>>楽天銀行フラット35の公式サイトはこちら


>>ARUHI住宅ローン フラット35の公式サイトはこちら

なお、金利や手数料等ではなく【審査】に少し不安が残る場合には、金利キャンペーンを行っていて、事前審査も行ってくれるイオン銀行なども選択肢に入れるといいでしょう。

メガバンクの住宅ローンにもよいところはたくさんありますが、金利・付随する保険等を他社と比較しながら、資料請求、相談をしましょう。

情報収集は無料ですから、色々な会社に当たって、もっとも自分にあった会社を選ぶといいでしょう。


>>イオン銀行住宅ローンの公式サイトはコチラ